« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の記事

2016年2月28日 (日)

CBR1000RR ややトラブル

バッテリー新品に交換したけど2日で上ってしまった。バイク屋にみてもらったところレギュレタの故障だそうで交換修理。

レギュレタ故障はふつうは電圧が上がりすぎるのがよくあって、その場合は他の回路の故障にもつながる深刻なものだけど、今回のは電圧が規定値まで上昇しないケースで、症状はバッテリーあがりと始動不能だ。

CBR1000RR(SC57)は発熱がすごくて、そのせいで損耗しちゃう電気系統の部品がある。なんといっても1000ccで170psだからねえ、すごいもんだ。ちなみに車重はほぼ170kgだから、パワーウエイトレシオ 1:1だ。

電気部品とくにオルタネータとジェネレータは必ずといっていいほどヤレちゃう定番トラブルのようだ。

写真は参考画像としてお借りしました。下の写真、整備士さんの左手上にあるヒートシンクのついた黒い箱のようなものがレギュレータ。ボルトを締めている丸いのがステータコイルのハウジング。

オルタネータはステータコイルが焼けて炭化する。リコールが出てるんだけど逆車なんで対象外なのだ。いまはまだ大丈夫とのことですが、これもいずれやることになるね。

トホホ。しばらくは外で飲み食いするの控えよう。

|

2016年2月27日 (土)

CBR1000RR バッテリ交換

今週の冷え込みはきつかったですね。
かなり弱っていたバッテリー、ついに死んでしまいました。

CBR1000RRはシート後端角2箇所にネジあり、シート材をぺろっとめくると六角レンチで回せる。このあたりの整備性いいですね、ホンダ。

Img_8708

GSユアサのやつに交換、量販店で¥22,100。
ちなみに古河のやつだと¥18,000弱、中国製格安品は¥10,500だった。

Img_8710

|

2016年2月25日 (木)

新小岩 そば処

そば処

新小岩

JR総武線新小岩駅北口改札外。駅を出て左手の線路沿いにある。かなり年季のはいったチープな建物。

■蕎麦、冷凍麺。灰色っぽくてさほど太くない、断面四角め。柔らかめの食感。悪くない。
■つゆ、だしまずまず、とくに濃くはないが自然な味わいでじわっといいだし加減。カエシさほど濃からずほんのり甘め。
■げそ天。揚げ置き。店内揚げ。ゲソと玉ねぎ人参のバランスよし。

一般的にはげそ天といえばイカのゲソだけを使うものだが、ここのは細切りの人参玉ねぎとともにかき揚げにしたもの。名物と自称するだけあって独特の風合い。なかなか忘れられないユニークな味だ。

Img_8316

かなり透明度あるつゆ。

Img_8317

窓際に立ち席あり。外を見ながら食べるのもいいものだ。

Img_8315

さほど品数は多くないがどれも店内での自家揚げ。桜海老あるのが珍しい。

Img_8318

漆喰壁のような風合いあり、ざらっとした壁に直接描かれた丼の絵、じつに馴染む。

Img_8313

Img_8314

線路に沿って細長い建物。

Img_8319

看板に「限定」とあるのは茹でめんのこと。こちらのほうが50円ほど安い。なぜ茹でめんが限定となったのかはわからないが推測するに、そもそもは茹でめん主体だったのをグレードアップを狙って冷凍麺としたのだが、いっきょに50円もの値上げとなることから激変緩和措置として茹でめんも残しいずれは消滅をはかったのであろうが、茹でめんへの需要はいっこうに衰えずやむなく両者並存となった。と考えるのが妥当なところだろう。

Img_8321

北口周辺の建物群は新しくなったが、駅舎とそば処は昔の面影をそのまま残している。

なお、当店はグルメサイトなどには「あきば」として登録されていることもあるが、「そば処」が正式な店名のようだ。情報提供:ボンちゃん。

Img_8320

360円

無休

評価は2点 ☆☆

|

2016年2月23日 (火)

穴守稲荷 淡竹

淡竹(はちく)

穴守稲荷

環八沿い、首都高羽田ランプの近く。早朝から営業の頼もしいお店。

■蕎麦、生めん茹でたて、注文受けてから茹でる。薄茶色ぽくてやや細め、断面四角い。ほのかに香る。
■つゆ、だしよし、甘さ抑えめのカエシ。上品な塩梅でとてもいい。
■天ぷら、揚げたて、注文受けてから揚げる。玉ねぎ・人参・いんげん・小エビ、コロモ薄くぱりっと揚がる。別皿盛り。
わかめ、かまぼこ。

とても丁寧なつくり。上品な味と良心的価格。

Img_8223

油ぎれよくパリッとサクッと、箸で食べやすいのもうれしい。

Img_8224

越後そば、布海苔入りなのかどうかはわからなかった。

Img_8225

つるつるとコシあり。

Img_8226

カウンターに備え付けられた小瓶類。左から、きゅうりのキューちゃん、小梅ぼし、福神漬け、七味など。七味の容器、どこから振り出すのかちょっと考える楽しさあり。

Img_8227

Img_8228

冷たいそばもうまそうだ、季節になったらぜひ再訪問したい。

Img_8229

ご主人と女性店員さんのお二人。美人の尾根遺産、あいにくお顔を拝見できず残念であった。

Img_8230

470円

(土日祝)休、05:00-10:00、11:00-14:00

評価は3点 ☆☆☆

|

2016年2月22日 (月)

蕎麦道なび、Windows10 PCでも使えますよ

蕎麦道なび、Windows10ならばPCで動作します。

ぜひダウンロードしてみてください。
Windows10は無料でアップグレードできますのでそろそろやってもいい頃。

ダウンロードはこちら

パソコン・インターネット |

2016年2月21日 (日)

AngularJSについて

冬だし寒いから引きこもり。より柔軟で効率良い開発手法を求めてあれこれ調査と試作を続けております。

クライアント側での動的UI構築としてはこれまでずっとjQueryを使ってきましたが、さすがにあちこち古さが隠せなくなってきた。jQueryはDOM操作をちょこっとやるためのHTML機能拡張として使うにはいいけど、システムの大括りな設計を語るものじゃない。

ということで、クライアントサイドでのMVCフレームワークに本格的に取り組んだAngularJS がいいんでないのと、そろそろVer2も出るし、ngCordovaと組み合わせてiPhoneやAndroidのハードウエアも触れるようになってきた。いい頃合いではないでしょうか。

サーバはREST型のデータストアに特化し、UI/UXはクライアントのMVCが全面的に責任持つ、という役割分担は美しいと思う。

|

2016年2月20日 (土)

整流効果

まだまだ寒い日がつづきますね

気温が7度を下回るとハンドル握る手の指先が凍える、ちぎれるような痛さだ。とくにZRXだと走行風が直接あたってなおさらに体感温度が下がる。時速60kmで走行すると体感的には零下になるんじゃないだろうか。インナー手袋したりと対策を講じたがあんまり効果ないんで、しかたないこんなものだと諦めておりました。

ところが、CBRだとそれほど指先が冷たくないことに気がついた。走行風がほとんどあたらないのだ。

カウルの形状をみるかぎりではハンドルバーはすべて露出しているから風が直撃しそうなものなのだが実際にはぜんぜん風が入ってこない。カウルの形状が走行風を横へと逃してくれるのだな。たいしたものだ。

ちなみに、ハンドルバーエンドの外側に手を出してみると、バーーっと風が手のひらにあたるのがわかる。バーエンドの外に風が流れていくのが体感できてなんだか楽しい。

きっと風洞実験やシミュレーションして設計したのであろうが最新のテクノロジーはすごいものだ。昔のロケット型のカウルだったらこうはいかないんじゃないかと思う。

Img_8624

BMWのR100RSやハーレーのツーリングモデルのように見るからにハンドル全体が覆われている形状のものがある。ああいう形でなければ風は防げないとばかり思っていたがそうでもないのだと知って少しうれしい驚き。

あ、もちろん腕や頭には風が当たるんだけど、そっちは防寒装備あるからいいのだ。


|

2016年2月18日 (木)

西新井 たまも

たまも

西新井

西新井駅を出て環七を東へ少し行くと都市計画道路のできそこないのような中央分離帯の広い放射路のT字路があるのでそれを北上しばし行ったところ。LM2さんにおしえてもらった。

■蕎麦、生めん茹で置き、薄茶色ぽくやや太めの気持ち平打ち。断面長方形で渋皮の散らばった良い具合。茸様香りあり。とてもいい。
■つゆ、だしよし、甘さ抑えめのさほど濃くないカエシ、落ち着いた風味でそばとよく合う。
■天ぷら、揚げ置き。野菜天ぷら6種から2種を選べる。野菜の旨味あり、コロモの具合もとてもいい。

丁寧なつくりでうまい。かような立地に良店があったとは、嬉しい発見。

Img_8217

蕎麦粉のしっかり感じられるそば。

Img_8218

野菜天ぷらは、なす・ごぼう・人参・しめじ・かぼちゃ・ピーマン。そのときによって品切れもあり。

Img_8219

明るく広々した店内。品数多く楽しめそうだ。きになるのは「カルシウム揚げ」、しらす・じゃこ・小エビなどをかき揚げにしたもので名物らしい、次はぜひ食べてみたい。

Img_8222

なんと専用の駐車場あり、道路をはさんで向かい側にもある。遠隔地からの路麺ファンにもうれしい。

Img_8221

きっと当地の地主さんにちがいない。長いこと営業してほしいと願う。

Img_8220

400円

(日)休、06:00-16:00

評価は2点 ☆☆

|

2016年2月16日 (火)

赤羽 百万石

百万石

赤羽

赤羽駅東口、交番の向かい側で長らく営むお店。

■蕎麦、茹で麺、薄茶色ぽくて中くらいの太さ、断面四角い。ほどよい固さでいい食感。香りほのかにあり。
■つゆ、だしよし。さほど濃くない甘さ抑えめのカエシ。飽きのこないタイプ。
■かき揚げ、揚げ置き。玉ねぎ春菊。コロモ主体のぽってりしっかりした揚げ具合。コロモの味で食べる。なかなか好み。

しっかりしたスタンダードな味わい。

Img_8211

茹で麺ながらもほのかに香るそば。とてもいい

Img_8212

カレーが人気のようだ。

Img_8214

ばんじゅうあり。

Img_8210

ちょうどよい隠れ場所、にゃん。

Img_8216

ずっと続けてほしい、赤羽の味。

Img_8215

360円

休不明

評価は2点 ☆☆

|

2016年2月14日 (日)

旧車バイク

暖かい土曜日、ZRXを洗車したついでにぶらっと走ってみた。

五日市街道の旧車屋さん。前回訪問したのは6年くらい前だろうか。
あいかわらず商売続けておられて嬉しい限りだ。

Img_8658

ここはどちらかというと地味めな旧車が豊富にある。Z1、マッハ、ヨンフォアといった超人気者はあんまり置いてなくて、そこがむしろ好ましい。

すごく端折った表現で恐縮だが60-70年代の並列2気筒に焦点をしぼったお店といえる。

最も私の目が釘付けになったのはこいつ、ヤマハTX650。細身の車体とエンジンが美しい。タンクの色はちょっと微妙なところだけど。

Img_8659


これもいいですね、ホンダCB450。メッキっていいよなあ。奥にはCB500Tが見える。厚いシートが重厚感あって素晴らしい。

Img_8660

ところで、空冷並列2気筒って、はっきりいって地味さでいえばダントツだ。

同じ空冷2気筒でもV型だったら、バンク角や縦横を問わず、迷わずカッコイイと言えるんだけどね。ハーレー、ドカティ、グッチ。

気筒が少ないから地味なのかといえばそうでもない、空冷単気筒はピストンひとつしかないんだけど、こちらも迷わずカッコイイといえる。ヤマハSR400は素敵だけど、ほとんど同じデザインなんだけどヤマハGX400はどう見ても地味だ。2気筒のぶんだけ性能はいいはずなんだけど。

なんとなくこう、設計の「手堅さ」が目につきすぎるんじゃないでしょうかね。そういうところもまた好きなんではあります。

CB750のエンジンには隙がない、クランクカバー径の小ささ、前後の短さ、ヘッドのコンパクトさ。あれこれと工夫したあとが随所にある。

Img_8661

ロイヤルエンフィールド、今や旧車テイストの顔ともいえる存在になってきた。ピストンとクランクケース接合部の細いこと。この箇所にどうも目がいってしまう。ポッキリ折れやしないかと気になって仕方がない。

Img_8663

ところで、これとてもよかったスズキハスラー90、今見るとはっとするほど新鮮だ、スリムで素敵。

Img_8664

こいつを見るととにかく落ち着きますね。ホンダCT110。この形でエンジンとブレーキ強化してくれないかなあ。そしたら普段乗りにこればかり乗っちゃうと思う。

Img_8665

|

2016年2月13日 (土)

【備忘録】 Objective-Cでのdelegate実装

Objective-C delegate の作り方、要点のまとめ

1, 構造
TestViewクラスをTabBarController(親View)から使う
iOS9 / Xcode7での実装例

<br /> 2, TestView.h<br /> #import <UIKit/UIKit.h><br /> @class TestView;<br /> @protocol TestViewDelegate <NSObject> <--- プロトコル定義<br /> @optional<br /> -(void)dismissTestView:(UIButton*)button; <--- optionalメソッド<br /> @end<br /> @interface TestView : UIView<br /> extern const NSInteger testViewTag;<br /> -(TestView*)initWithRect:(CGRect)rect forDrawer:(BOOL)forDrawer; <-- ローカルなメソッド<br /> -(void)didTapOKButton:(UIButton*)button;<br /> @property (nonatomic, weak) id <TestViewDelegate> delegate; <-- delegateをメンバー定義<br /> @end</p> <p>3, TestView.m</p> <p>#import "TestView.h"<br /> @implementation TestView<br /> const NSInteger testiewTag = 9999;<br /> -(TestView*)initWithRect:(CGRect)rect forDrawer:(BOOL)forDrawer{<br /> :<br /> [button addTarget:self action:@selector(didTapOKButton:) forControlEvents:UIControlEventTouchUpInside];<br /> // 注:iOS8の場合はこちらを使って直接TabBarControllerを呼び出す<br /> //[button addTarget:_delegate action:@selector(dismissTutorialView:) forControlEvents:UIControlEventTouchUpInside];<br /> }<br /> // OKボタンの動作<br /> // TestViewのなかでいったんこれを読んでそこからdelegateにひもづける<br /> -(void)didTapOKButton:(UIButton*)button{<br /> // ここでローカルな処理をしてもよい<br /> // 例:NSLogなど<br /> if ([_delegate respondsToSelector:@selector(dismissTestView:)]) {<br /> // 画面非表示処理をデリゲートインスタンス(この場合はTabBarController)に委譲します。<br /> [_delegate dismissTestView:button];<br /> }<br /> }<br /> @end</p> <p>4, TabBarController.h<br /> #import <UIKit/UIKit.h><br /> #import "TestView.h"<br /> @interface TabBarController : UITabBarController<TestViewDelegate></p> <p>@end</p> <p>5, TabBarController.m<br /> @implementation TabBarController<br /> -(void)showTestView<br /> {<br /> TestView* ttView = [[TestView alloc]initWithRect:self.view.bounds forDrawer:NO];<br /> ttView.delegate = self; <-- オブジェクトのdelegateにself(親View)を代入<br /> [self.view addSubview:ttView];<br /> }<br /> // OKボタンの動作<br /> // 実際にViewを削除するのはこちら(親View)から行う<br /> -(void)dismissTestView:(UIButton*)button{<br /> TestView *ttView = (TestView*)[self.view viewWithTag:testViewTag];<br /> [ttView removeFromSuperview];<br /> }<br /> @end<br />
以上

|

2016年2月12日 (金)

青山一丁目 ゆで太郎

青山一丁目のゆで太郎、わりとよく訪れる。

小柱かき揚げ、ちょっと高いがうまい。

Img_8636

うまいうまいと食べながらふと目の前の壁を見ると張り紙あり。

青山一丁目店の店員さん全員で異動とのこと。新天地は新川一丁目。

3月以降、青山一丁目店は直営店として営業を継続するとのこと。これまでいろいろと見てきたがこういうケースは初めてだ。

Img_8638

店舗のあるビル、かなり古い都営住宅なのだ。もしかしたらこれの建て替えによる移転なのか?

Img_8639

青山一丁目店の店員さん皆さん元気で明るく、とてもよい接客だったから私としては寂しいものがある。とくによかったのがゆるキャラ風の声で「おそばできましたぁ〜〜♪」と呼んでくれる女性だ。新川一丁目でも頑張ってください。


|

2016年2月11日 (木)

京急子安 豊月(非路麺)

豊月(非路麺)

京急子安

立ち食いそばの面白さのひとつ、というよりもむしろそっちのほうがメインかもしれないと思えるのが、お店の建物とロケーションが発する雰囲気だ。なんでこんな狭い場所にあるの?と思わず目をうたがうような土地にへばりついた小さなお店のたたずむ路地。年季のはいった暖簾と引き戸、煤けた看板。強烈な存在感を発し、昭和の残り香をその一角にだけ閉じ込めたタイムマシーン。しかもうれしいことに、そこが立派に現役で、なおかつうまいものを安く提供してくれる、現在進行形の壊れたタイムマシーン感覚。これこそ立ち食いそばの醍醐味だ。


Img_8199

豊月はその中でも図抜けたビジュアルで見るものを引きつけてはなさない。自他共に立ち食いそば好きで知られる音楽家・石田ショーキチさん命名するとこの「ジャケ食い店」である。その昔、音源がLPレコードだったころ、30cm角のジャケットは中身の音を視覚に訴える顔だった。レコード屋で棚あさりし自らの音楽とアート感覚に強く共振するジャケットに遭遇するや、痺れたように惹き入られ音を聴かずに買ったもの、これぞ人呼んで「ジャケ買い」。それと同等の衝動がこの店にもあったのだ。

Img_8197


Img_8200

Img_8195


Img_8196

JR京浜東北線と京浜急行線に挟まれた細長い島のような一角の土地に建つ。西陽のさしこむ店内は時計の針がとまったような静寂な空間だが電車が通るたびにガタガタと響く。常連のお客さんもまた昭和にタイムスリップしたようなかたばかりの異次元空間だ。

Img_8191

ひとつ断っておく必要あり。豊月は立ち食いそば屋ではなく、廉価な蕎麦屋である。本来ならここには掲載する対象ではないのだがあえて今回は記しとめたい。たぬきそば 630円。京急子安駅前。

Img_8192

630円

休不明

|

2016年2月 9日 (火)

糀谷 まごころ亭

まごころ亭

糀谷

正しくはテイクアウト専門のお弁当屋さん。そばはなくうどんのみ提供。かけうどんをいただくことにする。

店内では食べることができないので、外の自転車置き場でいただくことにした。ここなら間違い無く立ち食いだ。甘めのつゆと茹で麺のうどんはごく一般的な味わいだが、面白いのはトッピングのちくわ胡瓜。お弁当屋だけあっておかず用の惣菜なのだろう。お酒の肴にはよくあるが、うどんに乗ってるのはまず見ない珍品。

Img_8190

お弁当の種類いろいろあり。

Img_8187

Img_8188

Img_8186

丼麺亭とあるからには、かつてはここで麺類を食べることもできたように思える。ご主人は「店内で飲食できないんですよ、都の指導で・・」と寂しそうでもあった。

Img_8189

280円

(火)休、10:00-20:30

評価は2点 ☆☆

|

2016年2月 6日 (土)

【備忘録】 Xcodeプロジェクト名の変更

Xcode 7.2.1 プロジェクイト名変更の手順

いろいろとやることあったのでちょっとまとめておく

プロジェクト名を変更
1, 左ペインからプロジェクト名をクリック
2, 右ペイン最上部に Identity and Type の Name を[新名称]に変更する

ビルドスキームを変更
3, [Product]-[Scheme]-[Manage Schemes]
左下の「+」をクリックするとダイアログ表示される
Target に[新名称]を選ぶ
Name に[新名称]を入力
OK
4,旧名称のSchemeを選択、左下「-」キーをクリックし削除

Podsを変更(必要あれば)
5, コンソールから操作
6, [新名称].xcodeprojのあるディレクトリに移動
7, Podsフォルダを削除 (rm -rf Pods)
8, 念のためPodfile内にプロジェクト名がないか確認あれば変更
9, $ pod install
10, [新名称].xcworkspaceが生成される
11, 旧名称.xcworkspaceを削除

Coreデータを変更(必要あれば)
12, ファインダーで操作。旧名称.xcdatamodeld ファイルを[新名称].xcdatamodeldに複製
13, Xcodeに [新名称].xcdatamodeldを読み込む
14, [Editor]-[Add Model Version...]
Version name : [新名称]
Based on model : [新名称]
Finish
15, ファインダーで操作、[新名称].xcdatamodeldを右クリック、パッケージ中身を操作
旧名称のバージョンを削除
16, Xcodeに [新名称].xcdatamodeldを再度読み込む
17, 13で読み込んだ [新名称].xcdatamodeldをXcodeから削除

とくにCoreデータではまります。
ビルドできてインストールもできるが実行時に落ちるときはここを疑うこと

以上

|

2016年2月 4日 (木)

王子 そば処

そば処

王子

王子駅近く、明治通りをまたぐJRガード下角にある。駅舎の外ではあるが準駅そばと考えていいだろう。

■蕎麦、茹でめん。白っぽくてやや細い。茹でめんにしては固め。ツルツルしてのど越し良い。
■つゆ、だしとてもいい、本鰹の香り濃厚。カエシは甘すぎずしょっぱ過ぎず、あっさりめ。
■天ぷら、揚げ置き。コロモぽってりしたスタンダードなタイプ。固すぎずよい感じでほどけて悪くない。

そば、かき揚げの普通さからすると信じられないようなうまいつゆ。ビンビンと鼻腔に響く鰹の香り。

Img_8173

これくらい普通のそばと天ぷらのほうが、駅そばとしてはかえっていいバランス。さくっと食べるのにちょうどいい。

Img_8175

殺風景な内装がまた駅そばらしさあってよい。お好み天ぷらあり、さくらえびにひかれる。

Img_8177

わかめに割高感あるが、きっと肉厚の良いわかめ使用なのだろうと推測。

Img_8180

「そば処」のロゴ3連発。

Img_8179

昼なお暗いガード下にあってシェルターのような安堵感あり。ひとまずあそこへ飛び込めば暖いものが食べられるぞ、とすがるような気持ちになる。店員さんの丁寧ながらさっぱりした接客の具合がとてもいい。ぞんざいでなくへりくだり過ぎない。こういうバランス感覚、近頃では失われつつある。いつまでもなくならないでほしい。

Img_8178

340円

無休らしい

評価は2点 ☆☆

|

2016年2月 2日 (火)

志村三丁目 石かわ

石かわ

志村三丁目

環八内回り沿い、三田線の跨線橋手前にある。

■蕎麦、茹でめん、灰色っぽくてやや太め断面四角ぽい。しっかりした歯ごたえ、茹で麺にしては蕎麦の香りあり。とてもいい。
■つゆ、だしよし、やや酸味とコクありしっかりダシ感あり。さほど甘くないカエシ。良いバランスで飽きのこない味。
■かき揚げ、揚げ置き。自家揚げでこまめに補充あり。玉ねぎ・人参。コロモ薄くじっくり揚がって野菜の旨味あり。とてもいい。
わかめ

これといった派手なところはないが丁寧に作られた一杯。茹でめんの立ち食いそばとして完成度高い。

Img_8162

だしのきいたたっぷりめのつゆが嬉しい。こういう酸味のある宗田や鯖などの節を使ったつゆは江戸下町を遠く離れた郊外ではとても珍しい。

Img_8163

Img_8165

カレー、とろろ丼、ミニ親子丼など飯ものが人気。

Img_8169

サンコウ食品工業のばんじゅう。

Img_8168

ご夫婦だろうお二人できりもりする。仲良く息のあったようすは見ていてとても暖かい気持ちになる。女将さんのゆるいおしゃべりが楽しい。昔は美人。

Img_8166

環七沿いでやや交通量多し。

Img_8167

370円

(土日祝)休、06:30-18:00

評価は3点 ☆☆☆

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »